トップへ /漢方、漢方薬について、

漢方のはなし.その1.

漢方の脾とは?

女性の方に多い病気、婦人病の漢方薬について、

漢方のはなし.その3.
五行説.1;漢方の基礎理念.3.、、、六甲の秋


Yakurou.memo.1

漢方のはなし.その2
陰陽説.三才説;漢方の基礎理念、1.2.

Yakurou.memo.1   

中国本家の漢方
    傷寒論、金匱要略;現存する最古の漢方書 
    張仲景師(~219;後漢~三国)著。林億先生(11世紀?宋)の卓越した編集、
    900年の集大成。
    崔氏八味丸、千金方越婢加朮湯(唐)、
    近効方朮附湯、外台黄芩湯(唐)、 、、、    

    偉大なる宋、
    金、元漢方、、、衰退、
    そして、1911年は日本の明治維新、
   
   Kanpouで統一は? 
   真柳先生

陰陽説、三才説;漢方の基礎理念.1、2、、、

  陰陽説例

 * 八綱の話  
    表裏、虚実、寒熱、陰陽、、2×4=8
     →
    表裏、虚実、寒熱、、、、、2×2×2=8

  三才説例

 * 3陰3陽の話、 上、中、下焦の話
    気、血、水の話

 陰陽説の話

 五行説の話

 * 気の話
    気も水も血も本来、中性、but,
    五臓の気だけが帰属意識強調しすぎでは?、
    発生学も、、
    臓から臓は、相生、相克。臓から腑はいわば感受性か、

 * 未病を治すの話
    元々;王道、補薬の手法の1つ。
    広義;今の用い方は“医食同源”と同じで、日本流、
    中国思想の再発見、再評価。

 * 処方のいわれ

  ** 処方のいわれの話

  ** 柴胡桂枝湯の話
柴胡桂枝湯
    柴胡桂枝湯;
     =桂枝湯で生じた余力で、
       柴胡(半表半裏)、黄芩(腸部位)で病熱を除き、
       半夏(組織熱に対する水冷)水をさばき、 
       人参(組織活力↑)の生命力アップへ。
あるいは、=小柴胡湯で半表半裏~筋膜の炎症を解消して、
       芍薬で筋膜部のコリを除き、桂皮で表虚を実する。

  ** 青竜湯、白虎湯、玄武(真武)湯 
     もっと、重要なはずの四神、
     名を冠した季節の薬の存在が先だったか。
     傷寒論が、他書編成のモデルか?
     中国の伝統?
  ** 瀉心湯  心実を瀉す。当たり前だけど、、、  
     心の制御力upが動機。
      瀉心湯
      附子瀉心湯
      半夏瀉心湯類;単なる消化器系薬ではない。
  ** 四逆湯  四逆: 熱;手足が冷える
     当帰四逆湯;血管、冷、性。
     四逆散;血実、渋滞による末梢血流不足。
     四逆湯;血虚で届かない。
  ** 承気湯
     河原の砂金取りの情景;気の開放
     大、小承気湯
     調胃承気湯;文字通り
     桃核承気湯;血分多
  ** 越婢湯
     脾(肌肉)を越えて、、、輪切り。
     生姜が必要
  ** 当帰剤 当帰剤⇔柴胡剤
  ** 桂枝湯とその変形の話
     桂枝湯;変形の大きな方向は、表調整⇒裏への余力期待の漢方へ、、
         未病を治すに通ずることも、、、
     小建中湯(桂枝加芍薬加膠飴);太古にブドウ糖点滴の発見と理解
     当帰四逆湯(桂枝去生姜、加当帰、通草、細辛)
     当帰四逆加呉茱萸生姜湯(桂枝増生姜、加当帰、通草、細辛、呉茱萸)、
     あるいは、(当帰四逆湯×0.6 増細辛+呉茱萸、生姜)

     桂枝去桂加茯苓白朮湯、
     白朮附子湯(桂枝去桂、芍薬、加朮、附子);荒木先生、藤本先生
     、、、 

  ** 苓姜朮甘湯 原;甘草乾姜茯苓白朮湯
     肺up→腎up
     まるで、ACE
  ** 柴胡加竜骨牡蛎湯 原、処方薬順;半夏、大棗、柴胡、、、

 脾の話

 * 脾の話 
 * 4文字の漢方薬は良く効くぞの話
 * “似たもの(病気)は、似たところで探せ、似たもので治せ”の話
 * 瘀血(おけつ)の話 
 * 修治の話 
 * 人参と石膏の話


このページのトップへ
トップへ /漢方、漢方薬について、